公式LINEからカンタン無料見積もり友達登録

灯油を適切に処分する方法とは?余った灯油は来年に持ち越せる?

Slide 1
便利屋

コラム記事ではアナタのお力になれたら幸いです。

お困りのことがあればお気軽に
くまさんマークの便利屋へご相談を。

この記事で解決できるお悩み!
  • 余った灯油の処分する方法を学べる
  • 余った灯油の活用方法が分かる
  • これから灯油が余っても対処できるようになる

冬の間は沢山お世話になるものの、シーズンを過ぎると途端に処理に困ってしまう、灯油。来年の冬まで持ち越すことができれば良いのですが、日本の夏は気温も湿度も高いため放置していると酸化が進んで不快なニオイを放つようになりますし、そうして劣化してしまった灯油を再び使おうとすると不完全燃焼を起こしてストーブやヒーターを故障させてしまう可能性もあります。

従ってシーズン中に使いきれなかった灯油は、思い切って処分してしまうのが一番。とは言え灯油は一般ごみのように簡単に捨てることができないため、前述の通りどう処分したらよいか分からず困っているという人が多くおられます。

本記事ではそんな余った灯油に頭を抱えている方に向けて灯油の処分方法について解説をしていきます。

\ くまさんマークの便利屋にお気軽にご相談を!/

目次

やってはいけない灯油の処分方法

灯油 処分 方法

まず大前提として、灯油の入ったポリタンクや一斗缶などをそのままごみ集積所に出すのは絶対にNG

爆発や火事の原因になり得るため、これはどの自治体でも禁止しているはずです。また排水溝に、つまり下水に流すというのも非常に危険で、下水管の中で気化すると爆発して大損害をもたらしてしまいますし、下水処理場に流れ着いた場合でも灯油は浄化できないため処理場に莫大な損害をもたらしてしまうことになります。

また川に流したり、例え自分の庭であっても地面に埋めたりすることもできません。これらは土壌汚染や生態系への悪影響に繋がるため、もし見つかった場合には損害賠償や刑罰の対象になることさえあります。

一方自治体によっては、少量であれば新聞紙や布に染み込ませてから可燃ごみとして出すことが認められている場合もあります。とは言えこれはかなり地域差があり、どんな方法であっても可燃ごみとして処分することはできないとしている自治体も多いため、まずは該当する自治体に確認することが必要でしょう。

例えば八王子市の場合、ガソリンや灯油などの引火性の強いものは市で処分できず、必ず専門業者や購入先のお店に相談するようにと定められています。

灯油の正しい処分方法

灯油 処分 方法

以下では灯油を処分する際に余った油量に応じておすすめする処理、処分方法をご紹介いたします。灯油を捨てようか否か、お悩みの方のお力になれれば幸いです。

余った灯油が少量の場合

シーズンを過ぎた後も引き続き石油ストーブやヒーターを稼働させて使い切ってしまうという方法もあります。真夏に使用するのは辛いところですが、梅雨時期などに洗濯物や靴を乾かしたりするために使えば灯油も処分することができ一石二鳥でしょう。

かなり灯油が余った場合

残ってしまった場合には、その灯油を購入したお店に引き取ってもらえるかどうか問い合わせてみると良いかもしれません。あるいは購入したお店でなくてもホームセンターやガソリンスタンドなど灯油を扱っている店舗であれば余った灯油を引き取ってくれる可能性があります。ただし引き取りに関しては有料で対応しているというところもあるため、かかる費用についても予め尋ねておく必要があるでしょう。

余った灯油の使い道

灯油 処分 方法

以下では余った灯油をどう使って処理するかをご紹介しております。少量または使い切れるかな?位の微妙なラインでお悩みの方はご参考いただければと思います。

>>自宅に余った炭酸水を活用する方法

ご自宅に余った日本酒や炭酸水を活用する方法もご紹介しております。

石油ストーブを活用する

石油ストーブを使ってお湯を沸かしたり、焼き物などを作れば余った灯油を処理する事ができます。

手に付着したペンキ落とす

クレンジングオイル的な用途で手についたペンキを洗い落とすことができます。塗装のDIYなどで「ペンキが手について取れなくなってしまった」と言った場合に活用できます。

自転車のチェーン清掃に

自転車のチェーンやバイクのキャブレターなどの清掃に灯油を活用することができます。機械類に付着した油汚れを落とすのに最適です。

近所の方や友達に譲渡する

近所や友人以外にもネット上で余った灯油を無料で譲渡すれば処分することが可能です。ジモティーを活用すれば無料で灯油を譲渡する募集をかけることができます。

今すぐ灯油を処分したい場合

灯油 処分 方法
  • 引き取ってくれるお店が近くにない
  • あるいは開店時間に持っていけない
  • 重たい灯油を持ち運びできない
  • 使い切れる量ではない
  • 古くて開けるのも嫌だ

ということもあるかと思いますので、灯油の処分にも対応している回収専門業者や便利屋さんに引き取りを依頼するのも1つの方法です。

これらの業者は自宅まで引き取りに来てくれますし、急ぎであれば即日引き取りもOKとしているところも少なくありません。更に灯油だけでなく不要になったポリタンクや一斗缶も引き取ってもらえますし、他にも処分に困る大型ごみなどがあれば一緒に回収してもらえるため、特に引越しやリフォームなどで不用品が大量に出るときに利用するとお得です。

灯油を処分する方法:まとめ

灯油 処分 方法

余ってしまうと次のシーズンまで持ち越せないばかりか、放置していると爆発や引火の危険まである、灯油。少々勿体ないですが、使い切れなかった灯油は正しい方法で処分するようにしましょう。

東京の八王子市と神奈川の藤沢市を拠点とする当店でも、関東一円にて灯油その他の不用品回収サービスを行っております。できるだけ費用を抑えつつストレスフリーで灯油を処分したい!とお考えの方は、是非当店へご相談ください。

Download
Image is not available
電球1個の交換からマンション1棟の清掃までワンストップで解決!
関東圏3店舗(八王子市|藤沢市|茅ヶ崎市)でお客様のお困りごとを年中無休で元気に対応中!
Image is not available
Image is not available

不用品処分|関連サービス

店舗紹介

くまさんマークの便利屋 八王子店の店長

くまさんマークの便利屋
八王子店

Google 口コミ件数 13件
★★★★★4.9

くまさんマークの便利屋 八王子店では八王子エリアを中心にお客様のご依頼によって柔軟に出張対応をさせていただきます。近隣地域のお客様や都心のお仕事も場合によっては対応いたしますので、まずはご相談いただけましたら幸いです。

店舗紹介

くまさんマークの便利屋 八王子店の店長

くまさんマークの便利屋 八王子店

Google 口コミ件数 13件 ★★★★★4.9

くまさんマークの便利屋 八王子店では八王子市を中心にお客様のご依頼によって柔軟に出張対応をさせていただきます。近隣地域のお客様や都心のお仕事も場合によっては対応いたしますので、まずはご相談いただけましたら幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったと思ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次